西野未姫、SNSの悪口にも「“いいね”で返してます」炎上から始まった激動の2019年(AbemaTIMES)

出典元:「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に登壇した西野未姫

2019年、元日に放送されたバラエティ番組がきっかけで、Twitterの急上昇ワード2位を記録した元AKB48メンバー・西野未姫。1位は「明けましておめでとう」で、一時は西野の名前の下に「初日の出」「駅伝」などのワードが並んだ。まさに、2019年は西野未姫から始まったと言っても過言ではない。

 その後もバラエティ番組をきっかけに発言が炎上することもしばしばあった西野。“新炎上女王”の呼び名を自分のものにしたように見えたが、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく姿を追いかける恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』では、お笑いキャラを捨て、女優の顔に。最初は涙を見せながらも、イケメン俳優とのキスシーンに挑戦するなど、何においても“全力”を惜しまない一面が明らかになった。

 今回はそんな“2019年の顔”である西野にインタビューを敢行。恋愛観や今年を振り返ってみた感想を聞いた。

* * * * * * *

コメントは受け付けていません。