アフガニスタンに生きる少女は断髪し、少年となった…アンジー絶賛作、新場面写真入手(映画.com)

出典元:第90回アカデミー賞の長編アニメーション 映画賞にノミネートされた「ブレッドウィナー」

[映画.com ニュース] 第90回アカデミー賞の長編アニメーション映画賞にノミネートされた「ブレッドウィナー」の新場面写真と、女優アンジェリーナ・ジョリーら著名人によるコメントを、映画.comが先行入手した。場面写真には、家族のために髪を切り少年となった勇気ある少女パヴァーナの切り絵アニメーションによって作り出された繊細な表情がおさめられている。

【フォトギャラリー】「ブレッドウィナー」場面写真はこちら

 第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で3冠(観客賞、審査員特別賞、最優秀音楽賞受賞)に輝き、アニメ界のアカデミー賞と言われる第45回アニー賞の最優秀インディペンデント作品賞を受賞したノラ・トゥーミー監督作。42の国と地域、102の映画祭で上映され、数多くの観客賞を獲得した。

 物語の舞台は、2001年に勃発したアメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン・カブール。11歳のパヴァーナは、話を作って家族に聞かせるのがとても上手な女の子。しかしある日、父がタリバンに捕まり、一家の暮らしは一変。女性ひとりの外出が禁じられているため、パヴァーナは断髪し少年になって、一家の稼ぎ手(ブレッドウィナー)として町に出かけるようになる。

 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の特別大使を務め、アフガニスタンで少女たちの学校教育を支援しているジョリーは、トゥーミー監督に助言し本作をともに作り上げた。「何百万というパヴァーナのような少女たちが、圧政や紛争の下で家族を支えながら暮らしています」と現状を訴える。「この物語は、そうした少女たちの計り知れない努力を忘れないためにあります。本作は素晴らしいドラマであり、世界中の人々が主人公に共感することでしょう。この作品に関われたこと、観客のみなさんと共有できることを誇りに思います」と絶賛した。

 俳優の斎藤工は、「パヴァーナが断髪をする意味を、“これ”が世界のどこかで起きてしまっていることを、我々がこの美しき作品で受け止めることで、わずかでも一路の光になると信じたい」と語る。書評家の東えりか氏は、「今でも、爆撃から逃げ回る世界がある。男と女の価値が違う世界がある。文字の読めない人がいる世界がある。玩具に爆弾を仕掛ける世界がある。何をするにも命がけな世界がある」と思いを馳せ、「11歳の少女の悪夢が、いつか楽しい記憶にすり変わって、この映画のように美しく永遠に紡がれていきますように」と願いをこめている。

 「ブレッドウィナー」は、12月20日から東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。