堀慎吾、雀王獲得にカウントダウン 一人浮き状態で最終日へ/麻雀・雀王決定戦(AbemaTIMES)

出典元:堀慎吾

麻雀プロ団体の1つ、日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」を争う雀王決定戦2日目が11月8日に行われ、堀慎吾が卓内トップを取った。トータルポイントでも2位に240ポイント以上の差をつける独走状態に。雀王獲得へのカウントダウンに入った。

 前節まで首位だった堀はこの日も+29.0と確実に加点。トータルでは2位につける矢島亨に241.3ポイントもの差をつけた。昨年は、最終日で278.6ポイント差を金太賢がひっくり返して雀王になったが、堀が圧倒的有利な状態で雀王獲得へのカウントダウンに入った。

【試合結果】

1位 堀慎吾 +29.0
2位 金太賢 +18.8
3位 矢島亨 ▲11.0
4位 渋川難波 ▲37.8

【3日目終了時点での成績】

1位 堀慎吾 +234.3
2位 矢島亨 ▲7.0
3位 金太賢 ▲110.6
4位 渋川難波 ▲119.7

 ◆雀王 日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。1年をかけてリーグ戦を行う。最上位のA1リーグ(15人)は全10節を戦い、上位3人が決定戦に進出。前年度優勝の雀王を含めた4人で争う。決定戦は4日に分けて、半荘20回戦を行う。

 ◆日本プロ麻雀協会 2001年に設立。主なタイトル戦は雀王、雀竜位、女流雀王、日本オープンなど。五十嵐毅代表理事。

(C)麻雀スリアロチャンネル ※画像はFRESH LIVEから

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。