貫地谷しほり、毎日すごくつらい…精神的にハードだった撮影(シネマトゥデイ)

出典元:撮影現場では暗い気持ちだったという貫地谷しほり

母であることを手放した女と、母になることを決意した女。対照的な二人の女性の人生を通して、親子の絆を問いかける映画『夕陽のあと』(公開中)の公開記念舞台あいさつが9日、新宿シネマカリテで行われ、女優の貫地谷しほりと山田真歩、メガホンを取った越川道夫監督が登壇。上映後だったこともあり、貫地谷は「今、私が皆さんにどう映っているのか、怖い」と観客にあいさつ。「現場は、毎日すごくつらくて、山田(真歩)さんが島の方々と楽しそうにコミュニケーションしているのを羨ましいと思いながら、暗い気持ちでした」と精神的にハードだったという撮影を振り返った。

貫地谷しほり×山田真歩【写真】

 物語は、自然豊かな鹿児島県長島町を舞台に、ブリの養殖業を夫婦で営む日野五月(山田)と、1年前に島に現れ、食堂で働く佐藤茜(貫地谷)を中心に描かれる。五月は、生後間もなくから預かり養育してきた7歳の豊和(松原豊和)との特別養子縁組申請を控え、ようやく豊和と本当の家族になれると胸をふくらませる。だがその手続きの過程で、五月は、思いもよらぬ事実を知ることに。豊和は7年前に東京で起きた乳児置き去り事件の被害者で、豊和の母親の名は、佐藤茜だった……。DVや乳児遺棄、不妊治療や養子縁組制度といったテーマを扱う骨太なヒューマンドラマだ。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。