スティーヴン・キング「ザ・スタンド」ドラマ化、悪役にアレキサンダー・スカルスガルド(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:アレキサンダー・スカルスガルド – Francois G. Durand / Getty Images

米CBS局の動画サービス CBS All Access でリミテッドシリーズとして製作されるスティーヴン・キング原作のドラマ「ザ・スタンド(原題) / The Stand」に、映画『ターザン:REBORN』のアレキサンダー・スカルスガルドの出演が決まったと The Hollywood Reporter などが報じた。

ムッキムキ!『ターザン:REBORN』のアレキサンダー【写真】

 原作は、ウイルスがアメリカの人口をほぼ絶滅させた中で、生き残った人たちの善と悪を問うた同名長編小説。人類の運命は108歳の預言者マザー・アビゲイル(ウーピー・ゴールドバーグ)と何人かの生き残りにかかっている。スカルスガルドが演じるのは、不気味な笑みと恐ろしい力を持つランドール・フラッグ。マザー・アビゲイルと生き残った人たちの悪夢を具現化したような人物だ。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。