PFFグランプリは中尾広道監督『おばけ』!入選監督最年長の39歳(シネマトゥデイ)

出典元:グランプリ作品『おばけ』の中尾広道監督(左)と最終審査員の白石和彌監督(右)

「第41回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFF アワード 2019」表彰式が20日、国立映画アーカイブで行われ、中尾広道監督の『おばけ』がグランプリに輝いた。この日は、18名の入選監督たちをはじめ、最終審査員を務めた白石和彌監督、西川朝子プロデューサー、写真家の野村佐紀子、山下敦弘監督が出席。同じく審査員を務めた俳優・映画監督の斎藤工は、仕事の関係でビデオ出演となった。

斎藤工がビデオ出演!授賞式の様子【画像】

 映画祭のメインプログラムである「PFF アワード」。今年は応募総数495本のなかから、一人で自主映画を製作する男の思いをロマンチックに描いた『おばけ』がグランプリを受賞した。作品を手掛けた中尾監督は39歳(作品応募時)と、入選作品の監督のなかでは最年長だが「魂を削り、いまの自分にできることは全部やった」と語ると、グランプリ発表まで自分の名前が呼ばれなかったことに「もし賞をもらえなかったら服を脱いで暴れてやろうかと思った」とユーモアを交えてコメント。「こんなに素晴らしい賞をもらえて、いままでやってきたことを肯定してもらえた気分」と感無量の表情だった。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。