池松壮亮、サラリーマンの聖地・新橋にサプライズ登場!「宮本から君へ」チラシ配り敢行(映画.com)

出典元:チラシ配りを初体験

[映画.com ニュース] 映画「宮本から君へ」に主演する池松壮亮、共演の一ノ瀬ワタル、星田英利、古舘寛治が9月18日、東京・新橋SL広場前にサプライズで登場。本作のプロモーションのため、チラシ配りを行った。

【フォトギャラリー】円陣を組む様子も!「宮本から君へ」キャストがチラシ配り

 雨の降るあいにくの空模様となったが、キャストたちは有志8人と円陣を組んで気合を入れ、道行くサラリーマンたちにチラシやグッズを配布した。握手やサインにも応じていた池松は「チラシ配りは初めての体験。雨が降っていてあまり良くない状況でしたが、これをきっかけに映画が広がってくれれば」と期待する。

 ほかのキャスト陣が駆けつけてくれたことには「公開も近づいていろいろな宣伝活動をしてきたけど、こうやって皆さんに後押ししてもらえてうれしい。映画公開に向けてパワーをもらった気がする」としみじみ。古舘は「完成した映画がつまらなかったら来ていなかった。ここまで作品が面白くなっているのは稀有なこと。だから僕は今日参加しました」と、本作の出来栄えに自信をにじませる。

 星田も「見ないと損をする作品。作品を見たときに全身に鳥肌が立って、池松君には『おめでとう』というメールをしたくらい。今日だってハグをしました。この映画に携わった人たち全員に『やりやがったな!』と言いたい」と絶賛。一ノ瀬も「この映画は誰かの人生を変えるはず。そんな作品に出演できたことを光栄に思います」と話していた。

 3人からのエールに、池松は「泣けてくるくらいうれしい。今日は僕一人じゃなくてよかった」と感激し、「この作品は一見、やったやり返したという物語に見えるけれど、その先にあるのは同時代を生きる人々への人間讃歌です。傲慢なタイトルで傲慢な主人公だけれど、今を生きるすべての人に、プレゼントとして受け取ってもらいたい」と願いを込めた。

 本作は、「ディストラクション・ベイビーズ」の真利子哲也監督がドラマ版に続きメガホンをとり、文具メーカーで働く宮本(池松)とヒロイン・中野靖子(蒼井優)が、究極の愛の試練を克服していく姿を追う。

 「宮本から君へ」は9月27日から全国公開。R15+指定。

【広告】

暑い日が続くようになってきて

熱中症のニュースが

聞かれるようになってきました。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても

湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による

労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようですので

酷暑を迎える前に空調服の導入を

御検討ください。

空調服は酷暑での作業環境はもちろん

夏の釣りやキャンプの

アウトドアライフなどでも使用されています

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。