中井貴一、58歳の誕生日を“ハムカツ”ケーキでお祝い 「記憶にございません!」興収10億突破(映画.com)

出典元:興行収入10億円突破!

[映画.com ニュース] 俳優の中井貴一が9月18日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作「記憶にございません!」の大ヒット御礼舞台挨拶に出席した。同日、58歳の誕生日を迎えた中井に、大好物だというハムカツ58枚を使用した特製ケーキが贈られると、「こんなに食えるかなあ?」と目を白黒。「お客さまが2時間、楽しく過ごしてもらうことが最高のプレゼント」とヒットへの感謝を示した。

 舞台挨拶には中井をはじめ、共演するディーン・フジオカ、脚本と監督を務める三谷幸喜が出席した。史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介(中井)が思わぬ事故で、一切の記憶を失い、金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から善良な普通のおじさんに変ぼう。首相秘書官・井坂(ディーン)らのサポートを受け、真剣に「この国を変えたい」と職務を全うしようとする。

 9月13日、全国352スクリーンで封切り。東宝によると公開6日間で観客動員80万人、興行収入10億円を突破しており、累計で35億円を目指せるヒットを記録しており、「友だちから、座席が取れなかったと連絡が入ったし、僕自身もこの3連休で映画館に行こうと思ったが、全部満席で」(中井)、「今日のヒット御礼は、公開前からスケジュールに組み込まれていたので、ヒットしなかったらどうしようと不安だった。6日間で10億でしょ? 60日間で100億円ですからね!」(三谷監督)とうれしい悲鳴をあげていた。

 一方、ディーンが「こうして、中井さんや三谷監督と並んで一緒に(プロモーションで)ご挨拶するのは、これが最後になるかも」と話すと、すかさず三谷監督から「誰も最後なんて、言っていない!」とツッコミが。撮影中のエピソードに話題が及び、言葉に詰まっていると「ちょっと何かないですか? しゃべり始めが遅い!」(三谷監督)、「話すときの間が長い」(中井)と年長者からの洗礼を浴びせられた。

【広告】

 

コメントは受け付けていません。