アニメ「グランベルム」第12話、あらすじ&先行カット公開 ビームに飲み込まれてしまう新月…(AbemaTIMES)

出典元:(C)ProjectGRANBELM

9月20日から順次放送される、アニメ『グランベルム』第12話のあらすじと先行カットが公開された。

 同作は監督に『Re:ゼロから始める異世界生活』の渡邊政治氏、シリーズ構成に『ラブライブ!』の花田十輝氏を迎えたオリジナルアニメ作品。7月5日より、MBS、TBS、BS-TBS“アニメイズム”枠、AbemaTVほかにて放送されている。

 世界中の魔力が消失してから1000年近くの時間が過ぎ、すでに魔法は人々の記憶からもすっかり忘れられた世界。明るく元気な高校生、小日向満月は前向きに暮らしながらも、心のどこかに不安を抱えていた。自分には何もない――。勉強も運動も得意ではない彼女は、自分だけにできる“何か”に憧れていた。夜空の月がやけに大きく感じられた満月の晩。彼女はもうひとりの月の名を持つ少女、新月エルネスタ深海と出会う。それは魔法人形“アルマノクス”との遭遇でもあった。満月の運命の歯車が、軋んだ音を立てて今動き始める――。

【広告】


コメントは受け付けていません。