Appleの新ストリーミングサービス「Apple TV+」が11月1日スタート(映画.com)

出典元:11月1日にサービス提供

[映画.com ニュース] Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」のサービス提供を、11月1日に開始すると発表した。月額料金は4ドル99セントで、Apple TVのアプリを通じて視聴が可能になるという。

 ローンチ時には、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン共演で朝の情報番組の裏側を舞台にしたドラマ「ザ・モーニング・ショー(原題)」や、ジェイソン・モモア(「アクアマン」)主演の近未来SF「See(原題)」など計9本のオリジナル作品を独占配信するという。

 アメリカの動画配信サービスは、独走するNetflixをAmazonやHuluが追いかける構図だが、Apple TV+やDisney+(11月12日開始)の参戦により、勢力図に変化が生じることになりそうだ。

 なお、Apple TV+ローンチ時の注目作品は以下の通り。

「See(原題)」
出演:ジェイソン・モモア、アルフレ・ウッダード
制作総指揮:スティーブン・ナイト(「ピーキー・ブライダーズ」)、フランシス・ローレンス(「ハンガー・ゲーム」シリーズ)
概要:ウィルスによって人口の大半が死滅し、生き延びた人々が視力を失ってしまった600年後の世界を舞台にしたサバイバルドラマ。

「ザ・モーニング・ショー(原題)」
出演:ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、スティーブ・カレル
制作総指揮:ケリー・エイリン(「ベイツ・モーテル」)
概要:ブライアン・セルター著「Top of the Morning: Inside the Cutthroat World of Morning TV」を下敷きに、アメリカの朝の情報番組の裏側を舞台にしたドラマ。

「ディキンソン(原題)」
主演:ヘイリー・スタインフェルド
制作総指揮:アリーナ・スミス(「アフェア 情事の行方」)
概要:19世紀の天才詩人、エミリー・ディキンソンを主人公にした青春ドラマ。

「フォー・オール・マンカインド(原題)」
主演:マット・ウォルパート、ベン・ネディビ
制作総指揮:ロナルド・D・ムーア(「バトルスター・ギャラクティカ」「アウトランダー」)
概要:ソ連が人類初の月面着陸を成功させた別の歴史を舞台に、NASAの宇宙開発を描く歴史改変SF。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。