看取り士を演じた榎木孝明、映画公開に「約束果たせた」(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:白羽弥仁監督、櫻井淳子、榎木孝明、村上穂乃佳、高崎翔太、原案の柴田久美子

14日、俳優の榎木孝明、映画監督の白羽弥仁らが、東京都千代田区の映画館・有楽町スバル座で行われた映画『みとりし』公開記念舞台あいさつに出席、新作としてはスバル座最後のロードショー作品となる本作の公開に誇らしげな顔を見せた。この日は共演者の村上穂乃佳、高崎翔太、櫻井淳子、原案の柴田久美子も来場した。

映画『みとりし』予告編

 本作は、余命わずかな人が最期に残された時間、旅立つ人、送る人に寄り添う「看取り士」を題材にしたヒューマンドラマ。娘を亡くし、喪失感の中で生きてきた定年間際のサラリーマン柴(榎木)が、セカンドキャリアとして選んだ“看取り士”という仕事を通じて「死」と向き合う日々を描き出す。大勢の観客から拍手で迎えられた榎木は「拍手が大きくてうれしく思います。今日で(映画が完成する道のりの)半分だと思っています。今日の思いを是非伝えてください」と晴れやかにあいさつした。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。