岡山天音「僕にとっても節目の作品」 初の単独主演映画「王様になれ」が公開(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:登壇した岡山天音ら

[映画.com ニュース] 人気バンド「the pillows」の結成30周年プロジェクトとして製作された青春映画「王様になれ」の公開記念舞台挨拶が9月14日、東京・シネマート新宿で行われ、主演の岡山天音、「the pillows」のボーカルで原案を手がけた山中さわお、本作がデビュー作となるオクイシュージ監督が登壇した。

 厳しい現実に苛立ちと焦りを感じながら叔父のラーメン店で働く祐介(天音)が、初めて足を運んだ「the pillows」のライブをきっかけに、カメラマンになる夢を追いかけ始める。

 本作が初の単独主演映画となった岡山は「人生に一度しかない機会が、ピロウズさんの記念すべき作品で、うれしく思います。バンドにとっても、僕にとっても節目の作品。皆さんにとっても、人生の節目に見返したくなる映画になっていれば」と封切りの喜びを噛みしめた。バンドの魅力を問われると、客席を埋め尽くしたファンを前に「うーん、(答えるのが)怖いですね」。それでも「一番ビビっときたのは、歌詞のパワー」と話していた。

 岡山の起用を強く推したという山中は「僕が言うのも変ですが、まずはお芝居がうまい俳優さんがいいと思って。それに若い頃は、僕もこんな感じだったんですよ。今の仕上がりは変だけど(笑)、25年前の自分に似ていた」と理由を説明。バンドのアニバーサリーを祝う映画の公開に「本当に実現したんだな。こんなちゃんとした映画になるなんて!」と大喜びだった。

 劇中には「the pillows」のメンバーが本人役で出演し、「GLAY」「ストレイテナー」など交流のあるミュージシャンたちも多数出演。山中は「まずは本人たちの気持ちが知りたかったので、事務所を通すより、まずは会ったりメールをして。(GLAYの)TERUくんなんて、こっちが丁寧に長いメールを送ったら、ものすごいスピードで『やったー、銀幕デビュー』って軽い返事が来た」と舞台裏を明かした。

 そのTERUについて、オクイ監督は「歌唱シーンをアングルによって、何度も撮らせてもらって、そのたび本気で歌ってくれた。感動しました」と感謝の意。ただ「歌うたび、アレンジが変わっちゃって、どんどんカッコ良くなるので、どのテイクを使えばいいのか迷った(笑)」と知られざる苦労も語っていた。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。