タル・ベーラの7時間超え作品本編映像 製作から25年で劇場初公開(シネマトゥデイ)

出典元:7時間越えの本編に対して、カット数は約150!(写真は映画『サタンタンゴ』より)

『ニーチェの馬』『ヴェルクマイスター・ハーモニー』などを手掛けたハンガリーの鬼才タル・ベーラ監督が、1994年に発表した上映時間7時間18分の映画『サタンタンゴ』より、約4分間の本編映像が公開。長回しで撮影された、男たちの歩く後ろ姿などが見られる。

【動画】長回しに注目!映画『サタンタンゴ』本編映像

 原作は、ハンガリーの小説家クラスナホルカイ・ラースローの同名小説。経済的に行き詰まったハンガリーの小さな村を舞台に、死んだはずの男性イリミアーシュが村に戻ってきたことで戸惑う村人たちの姿を描く。製作から25年が経過している本作は、高画質の4Kデジタル・レストア版として、日本で劇場初公開される。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。