プロ雀士声優・大亀あすか「咲-Saki-」との出会いで人生激変「声優事務所で対抗戦がやりたいっ!」(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:大亀あすか

声優にとって作品との出会いが、大きく人生を変えることがある。多くの場合は声優としてブレイクしたり、演技の幅が広がったりというものだが、大亀あすかの場合は女子高生麻雀アニメ「咲-Saki-」と出会ったことで、本人がプロ雀士になってしまうという激変が起きた。「声優事務所で対抗戦がやりたいっ!」と願う大亀に麻雀の魅力を聞いたところ、斬新なアイデアも飛び出した。

-そもそも、どんなきっかけで麻雀を始めたんですか。

 麻雀という存在は知っていましたが、始めるきっかけになったのは「咲-Saki-」という作品にかかわらせてもらってからですね。アフレコ収録が終わった後に、麻雀を打つことがあって。勉強をかねていたんですが、最初は全然用語も分からなかったから、勉強会にも参加して、どんどんハマっていた感じですね。

-では「咲-Saki-」に声優として参加するまでは未経験だったんですか?

 遊びで何かしらで触れていたかもですが、記憶にないくらいですね。

-始めたころの思い出を聞かせてください。

 最初にぶち当たった壁が平和(ピンフ)でして(苦笑)簡単な役だと思うんですが、字牌がややこしいじゃないですか。雀頭が自風、場風だと平和にならないとか…。

-そんな大亀さんが、なぜで麻雀プロになったんですか。

 そこにもいろいろありまして(笑)声優として麻雀にかかわらせてもらっている時に、麻雀対局番組に出させてもらったんですけど、それがすごく楽しかったんです。こんなに楽しいことがあるんだと。そこからプロの方々が麻雀を打っている映像とか対局を見るようになって、「私もそういうことをやりたい!」っていう好奇心から、プロになりました。

-そもそもプロ雀士の方と接点はあったんですか。

 麻雀って基本的にメンツが集まらないとできないじゃないですか。でも、オンラインゲームだとメンツを集めなくてもいいんですよね。そこで始めたのが「麻雀格闘倶楽部」だったんです。それがすごく楽しくて!麻雀格闘倶楽部は、プロをフューチャーしてくれていたので、それでプロの方とも打ちたいなと思うようになりました。

-麻雀プロ歴も5年目になりました。どんな活動をされていますか。

 プロになってやりたいと思っていたことは、結構やらせてもらっています。プロであるからには、実力もないといけないので。課題もいっぱいあって難しいことも多いですが、一歩踏み出してよかったなと思っています。

-ところで芸能人、特にアイドルの方ではドンジャラはするけれど、麻雀はしないという方がいます。どうしたら麻雀をしてくれると思いますか。

 えー!難しい!ドンジャラって名前で発売して、中身を麻雀にする!「ドンジャラだよー」って(笑)

【広告】

気になる高めの血圧に

理研ビタミン 



理研ビタミンが発見した、

わかめ由来の機能性関与成分が

高めの血圧に働きかけます

コメントは受け付けていません。