「世話やきキツネの仙狐さん」最終話がトレンド入り 声優・和氣あず未「ずっと永遠の癒し」(AbemaTIMES)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」最終話

アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」最終話が、26日深夜に放送された。毎週癒やしを与えてくれた同アニメの完結を惜しむ声が視聴者から続出している。

アニメ「世話やきキツネの仙狐さん」は、「コミックNewtype」(KADOKAWA)で連載中のリムコロによる漫画が原作。自宅とブラック会社を往復する会社員・中野のもとに、神使のキツネ・仙狐さん(800歳・幼女)が押しかけ、疲労困憊した中野を癒やす“お世話系甘やかしコメディ”だ。最終話にあたる第12話「それでも、あやつを……」では、仙狐さんが突然姿を消した。

 仙狐さんの優しさが「癒やされる」と人気を集めた「世話やきキツネの仙狐さん」もついに完結。仙狐さんを演じた和氣あず未も「1話からずっと永遠の癒しだったものが最終回を迎えるのは寂しい~!」とさみしがっている。また、原作者のリムコロは、「応援してくださった皆様と、素晴らしいアニメを作ってくださった動画工房様に心からの感謝を…!また動く仙狐さんが見たいですね!!!」と感謝を述べた。

 番組ハッシュタグもTwitterでトレンド入りを果たし、視聴者からは、「暫く仙狐さんロスだな、、」「来週から仙狐さんが無いとか水曜日いらなくない?」「仙狐さんが終わったことで生きる希望が失われた模様」「最高のアニメだった 2期待ってます!」といった声が上がっている。

(C)2019リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。