「グリーンブック」興収18億突破! 吹き替え版が緊急製作、声優は大塚芳忠×諏訪部順一(映画.com)

出典元:ここ15年で最大のヒット作に

[映画.com ニュース]第91回アカデミー賞で作品賞など3部門を制した「グリーンブック」(公開中)が、日本興行収入18億円を突破した。同作品賞を受賞した映画においては、2011年の「英国王のスピーチ」を抜き、ここ15年で最大のヒット作に。アメリカを除く世界興収では、日本は中国に次ぐ2位となっている。

 「メリーに首ったけ」などを手がけたコメディ界の巨匠ピーター・ファレリー監督がメガホンをとった今作。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、粗野で無教養な用心棒トニー・リップ(ビゴ・モーテンセン)と、インテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、前途多難なコンサートツアーを通じ深い友情で結ばれていくさまを描く。

 このヒットを受け、日本語吹き替え版が急きょ製作され、公開9週目の4月26日から封切られる。トニー・リップ役には、バリトンの美声で長年トップ声優として活躍する大塚芳忠。そしてドクター・シャーリー役は、数多くのアニメ作品を支える諏訪部順一が担っている。27日には、東京・TOHOシネマズ日比谷で、2人が登壇する舞台挨拶が実施される予定だ。

【広告】

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

「asoview!(アソビュー)」にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。