LiSA、梶浦由記との音楽制作振り返る「梶浦さんワールドに惹き込まれながら…」 アニメ「鬼滅の刃」ED曲初公開(AbemaTIMES)

出典元:画像:過去記事/梶浦由記×LiSA、超話題アニメ『鬼滅の刃』で初タッグ実現!

4月13日に放送されたアニメ「鬼滅の刃」第2話で、エンディング曲「from the edge」が初公開された。ヴォーカルを務めた歌手のLiSAは、梶浦由記との音楽制作を振り返り、「新しい私の“唄“を私自身も聴いた気がします」とコメントしている。

 本編劇伴を担当する梶浦由記(※椎名豪との共作)が、FictionJunctionfeat. LiSAとして、LiSAを初めてヴォーカリストに迎えた同作。LiSAはオープニング曲「紅蓮華」も担当しているが、アニメスタッフ側からの「一人のアーティストがオープニング・エンディング両方を歌うことで、映像作品としての完成度や統一感を高め、特別な作品にしたい」「本編の劇伴を担当する梶浦由記と、オープニングテーマを担当するLiSAとで、作品の為の楽曲を制作してほしい」というオファーによって今回のコラボが実現したことが番組公式サイトで明かされている。

 LiSAは13日深夜にブログを更新し、FictionJunctionfeat. LiSAの実現について「夢のようです」とコメント。「劇中の音楽も担当されている梶浦由記さんとの音楽制作はとても緊張しましたが一生懸命声を重ねさせていただきました。作品を想い、音楽を想い、丁寧に丁寧に作られていく梶浦さんワールドに私も惹き込まれながら導いていただきながら一つ一つ大切に想いを込めて歌わせていただきました」と音楽制作を振り返ったLiSA。「新しい私の“唄“を私自身も聴いた気がします。新しい挑戦をたくさんたくさんさせていただきました。梶浦さんに知らなかった私を引き出していただきました」と梶浦に感謝をつづった。

 また、梶浦もTwitterでED曲「from the edge」に言及。「LiSAさんの声の『ヒトとしての熱』と呼びたくなるパワー、そして明快な意志のある『歌の』グルーヴでがつんと引っ張って貰えたらな!とメロディーを紡ぐのは本当にただ楽しく、また色々な事を学ばせても頂けたレコーディングでした」と振り返り、「LiSAさんに魂を入れて頂き、またED映像で美しくも力に溢れた彩りを頂けて幸福な曲であります。登場人物たちが走り続ける、その力となれる曲でありますように!」とつづった。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【広告】

ビッグローブ光に新規申込で

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。