ヒュー・ジャックマン、米ブロードウェイ劇「ザ・ミュージック・マン」に出演(映画.com)

出典元:「ザ・ミュージック・マン」に出演する ことが決まったヒュー・ジャックマン

[映画.com ニュース] 人気映画俳優のヒュー・ジャックマンが、2020年に米ブロードウェイでリバイバル公演されるミュージカル劇「ザ・ミュージック・マン」に出演することが明らかになった。自身のTwitterで発表したもので、ジャックマンにとっては14年の「The River(原題)」以来のブロードウェイ公演となる。

 「ザ・ミュージック・マン」は、田舎町に音楽教授と名乗る詐欺師ハロルド・ウィルソンがやってくるという設定。学生たちにブラスバンドを立ち上げようと吹き込み、楽器やユニフォームの代金を持ち逃げする計画だったが、ピアノ教師のマリアンに恋をしてしまう。主人公の詐欺師が、捕まるリスクをおかしながらも、彼女のハートを掴もうとするというストーリーだ。原案はメレディス・ウィルソンとフランク・レイシー、音楽はメレディス・ウィルソン。1957年にブロードウェイで初公演され、62年と03年に映画化されている。

 ジャックマンが発表した声明によると、「ザ・ミュージック・マン」は人生にとって大きな意味を持つ作品のようだ。「人生で最初に参加できたミュージカルが、偉大な『ザ・ミュージック・マン』でした。83年のことで、ぼくはオーストラリアのシドニーのノックス・グラマー・スクールの生徒でした。ぼくの役は出張セールスマンのひとりで、例の忘れがたいオープニングナンバーをいまでもほとんど正確に覚えています。おそらくあのとき、演劇の魔法がぼくのなかに宿ったのです」

 ジャックマンは03年に「The Boy From Oz(原題)」でブロードウェイデビューを飾り、09年に「A Steady Rain(原題)」、14年に「The River(原題)」に出演。現在は、「The Man. The Music. The Show」と題した自身初となるワールドツアーの準備を行っている。

コメントは受け付けていません。