ポール・ダノ初監督作にキャリー・マリガン&ジェイク・ギレンホール!「ワイルドライフ」7月公開(映画.com)

出典元:夫婦役で共演

[映画.com ニュース] 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「プリズナーズ」などで知られる俳優ポール・ダノの初監督作「ワイルドライフ」が、7月5日から全国公開されることが決定。ダノは「ルビー・スパークス」で共演したパートナーのゾーイ・カザンと共同で製作&脚本も担当している。

 ポール・トーマス・アンダーソン監督、ドゥニ・ビルヌーブ監督といった鬼才とのコラボレーションを重ねてきたダノ。「いつの日か映画を作る時は、きっと、家族についての映画を作るだろうと思っていた」という思いから、ピューリッツァー賞作家リチャード・フォードが1990年に発表した「WILDLIFE」の映画化に着手した。フォードの小説は、寂獏とした読後感で世界中の読者を魅了しており、日本では「モントリオールの恋人」(訳:村上春樹)、「ロック・スプリングス」(訳:青山南)などの短編が紹介されている。

 物語の舞台は、1960年代、カナダとの国境にほど近いモンタナ州の田舎町。14歳のジョーは、ゴルフ場で働く父ジェリーと、家庭を守る母ジャネットのひとり息子だ。新天地での生活がようやく軌道に乗り、仲睦まじい夫婦の姿を息子が安どの面持ちで眺めていたのもつかの間、ジェリーが職場から解雇され、山火事を食い止めるという出稼ぎ仕事に旅立ってゆく。残されたジャネットとジョーは働くことを余儀なくされ、母はスイミングプール、息子は写真館での職を見つけるが、生活は安定しない。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独にさいなまれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにする。

 長回し撮影を多用しながら、幸せだった家族が壊れてバラバラになっていく様子を映し出す「ワイルドライフ」。悲嘆と狂おしいジャネットの思いを圧巻の演技で見せるのは、「華麗なるギャツビー」「未来を花束にして」のキャリー・マリガン。「プリズナーズ」でダノと共演したジェイク・ギレンホールがジェリー役、M・ナイト・シャマラン監督作「ヴィジット」のエド・オクセンボールドが、ジョーの哀しみと動揺を体現してみせている。

 「ワイルドライフ」は、7月5日から東京・YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット

「クイック光」3,450円~



コメントは受け付けていません。