山田孝之、初のプロデュース映画『デイアンドナイト』公開に「感無量です」(AbemaTIMES)

出典元:山田孝之、初のプロデュース映画『デイアンドナイト』公開に「感無量です」

映画『デイアンドナイト』の初日舞台あいさつが26日、都内で行われ、俳優の山田孝之(35)らが登場した。

 本作は「人間の善と悪」をテーマに、家族の命が奪われ、自らの善悪に翻弄される若者たちの姿を描いた物語。

 山田は、この作品で初めてプロデュースを担当。企画開始から6年越しの全国公開となった。「思い返すと脚本会議を何回もやって、外に出たら朝だったというのを何回迎えたかなというのが一番出てくるんですけれど……」と制作時の苦労を語り、「撮影始まってからはすごいスピードで今日まできちゃって……。感無量です」と心境を明かした。

 映画には一切出演せず、裏方に徹した山田。「間近で俳優さんたちの本気の芝居を見て、とても感動しまして。俳優って素晴らしいんだな、俳優ってかっこいいんだな。俺も自信を持って『俳優だ』とこれから言っていこうと思いました」と話した。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

コメントは受け付けていません。