河瀬直美、プロデュース作『二階堂家物語』の香港国際映画祭出品を発表(シネマトゥデイ)

出典元:映画『二階堂家物語』公開記念イベントの様子

映画監督の河瀬直美が26日、都内で行われた映画『二階堂家物語』の公開記念イベントに登壇した。本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた河瀬は、イラン人監督を起用しての撮影を振り返り、「現場はイランの言葉、英語、日本語が入り乱れて、とにかく言語を超えて、そこから先に行くために絆を作って撮っていかないといけない環境でした。それを乗り越えてやってくれたみんなは本当にすごいなって」と出演者とスタッフに賛辞を贈った。

映画『二階堂家物語』フォトギャラリー

 なら国際映画祭の映画製作プロジェクトNARAtive(ナラティブ)の作品として、イランの若手監督アイダ・パナハンデを迎え制作された本作は、奈良県天理市を舞台に、名家の存続を願いながらも、跡継ぎ問題に悩む3世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。この日は主演の加藤雅也ほか、共演の石橋静河、町田啓太、白川和子、陽月華、ネルソン・バビンコイが登壇。舞台あいさつ中、河瀬から本作が3月開催の香港国際映画祭への出品が決定したことも発表された。

コメントは受け付けていません。