『ボヘミアン・ラプソディ』ノミネート取り消し 監督の性的暴行疑惑受け(シネマトゥデイ)

出典元:映画『ボヘミアン・ラプソディ』より – Twentieth Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』がブライアン・シンガー監督の未成年性的暴行疑惑を受け、第30回GLAADメディア賞の最優秀映画(拡大公開)部門でのノミネートを取り消された。賞を主催するGLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)がVarietyに声明を出した。

【写真】こんなにそっくり!クイーン役キャストと本人を比較

 GLAADメディア賞最優秀映画賞は、LGBTQコミュニティーを正確かつ包括的に描写した作品に贈られる賞。先日シンガーがハリウッドでの立場を利用して少年たちに不適切な行為をさせていたという告発記事が米誌 The Atlantic に掲載されたことを重く受け、ノミネートを取り消したという。シンガーは2014年と2017年にも訴訟を起こされているが一貫して疑惑を否定しており、今回も「同性愛者を嫌悪する記者によって書かれた記事」だと反論している。

コメントは受け付けていません。