橋本環奈、自然体の素顔(シネマトゥデイ)

出典元:世間の目には「無頓着」だという橋本環奈 – (C) 2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日掲載)のメインキャスト12人のうち、最後まで出演が伏せられていた橋本環奈。正体不明のまま、顔の大部分を隠したビジュアルのみが公開され、ネットでは「誰?」と大きな話題を呼んだ。それは耳に届いたという橋本だが、普段は出かける際も変装をしない。他人の目はあまり気にしないようにしているという。

誰?と話題を呼んだビジュアル【写真】

 冲方丁のサスペンス小説を堤幸彦監督が映画化した本作。集団安楽死を目的に廃病院に集まった12人の少年少女が、死体を見つけたことで疑心暗鬼に陥っていくさまを描き出す。橋本が演じるリョウコは、子供のころから芸能界で活躍を続ける人気女優。主要キャスト12人が発表された際、リョウコのみ芸名の秋川莉胡とされ謎の存在のままだった。

コメントは受け付けていません。