西島秀俊×内野聖陽が男性カップルに!「きのう何食べた?」ドラマ化(映画.com)

出典元:男性カップルの日々の食卓を描いた大人気漫画

[映画.com ニュース] 男性カップルの日々の食卓を描いたよしながふみ氏による人気漫画「きのう何食べた?」がドラマ化され、西島秀俊と内野聖陽がダブル主演することがわかった。西島が弁護士の筧史朗役、内野が美容師の矢吹賢二役に。4月クールから、テレビ東京系で放送される。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 「大奥」「西洋骨董洋菓子店」のよしなが氏による、累計発行部数500万部(電子版含む)を突破した同名漫画が原作。2LDKのアパートで同居する、料理上手の倹約家・史朗(通称:シロさん)と、恋人で人当たりのいい賢二(通称:ケンジ)の食卓を通じ、ほろ苦くてあたたかな人生の機微を描き出す。

 「もともと、原作の大ファンだった」という西島は、主演の喜びをかみ締めながら「たくさんのファンをもつ作品なので、とにかく丁寧に真摯に作品に向き合いたいと思います」と意気込み。演じるシロさんについて「シャープでちょっと近寄りがたく、ツンツンした態度もとるし、クールを装っているんですが、本当はとても周りの人を大切にする人物です。そして色々なことをキチっと割り切って決めて生きているように見えて、実は内面が繊細に揺れ動いている。そこを大切に演じていきたいなと思います」と明かし、内野との共演を「非常にスケールの大きな役者さんで、徹底的に役作りをされると聞いています。内野さんの圧倒的なエネルギーが、シロさんとケンジの穏やかで細やかな日常の表現に全部込められるのかなと思うと、今から本当に楽しみです」と心待ちにしている。

 そして「原作もすごく楽しくて、どんどん読み進めちゃうほど面白くて」と語る内野。「こういう役はほとんど経験がないので、新鮮に感じました」と振り返り、「話をいただいた時、すでに西島さんとの共演になることが決まっていたので、西島さんはピッタリだし、自分はどうかと思ったけど(笑)、面白いドラマになりそうだなっていう予感をすごく感じて、二つ返事で受けました」とユーモアたっぷりに明かした。

 一方で、内野は「実はこの作品はかなり前から企画されていたんですが、スケジュールがなかなか合わず、流れに流れてようやくここにこぎ着けた」とも告白。そのうえで「本当に楽しみですし、まだどう演じようか思案中ですが、2人の関係をごく自然に演じたいと思ってまして、そこが自分のなかで楽しみな課題ですね。今回、写真撮影をしてみて、みんなに大丈夫大丈夫、イケてるって言われて、やっとホッとしているような段階です」と快活に笑う。西島との共演については、「写真撮影で初めてお会いしたのですが、思った通りのいい男で、シロさん役にぴったりで。自分はまだ役は中に入っていませんが、きっと西島さんとなら自然な2人の空気感が醸し出せるんじゃないかなと期待して、楽しみにしているところです」と、同じく期待が高まっている様子だ。

 原作者のよしなが氏は、「『実写なんだし、何もこんなに似せなくても……』と思うぐらい、そっくりです! 本当にびっくりしました! すっごく楽しみです!」とコメントを寄せている。なお、演出は「嘘を愛する女」の中江和仁、「鈴木家の嘘」の野尻克己、「ルームロンダリング」の片桐健滋という気鋭のクリエイターが担当し、脚本は「失恋ショコラティエ」や「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の安達奈緒子が執筆。4月から毎週金曜深夜0時12分に放送される。

コメントは受け付けていません。