第91回アカデミー賞は「ROMA ローマ」「女王陛下のお気に入り」が最多10ノミネート!(映画.com)

出典元:2作品が最多10ノミネート

[映画.com ニュース]米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは1月22日(現地時間)、第91回アカデミー賞のノミネート作品を発表した。最多10ノミネートを果たしたのは、Netflixの話題作でアルフォンソ・キュアロン監督が手がけた「ROMA ローマ」と、英国アカデミー賞でも最多ノミネートの「女王陛下のお気に入り」だ。

第91回アカデミー賞特集(2019年)

 「ROMA ローマ」は作品賞、監督賞、主演女優賞(ヤリッツァ・アパリシオ)、助演女優賞(マリーナ・デ・タビラ)の主要4部門に加え、脚本賞、撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、外国語映画賞の10部門。「女王陛下のお気に入り」は、作品賞、監督賞、主演女優賞(オリビア・コールマン)、助演女優賞(エマ・ストーンとレイチェル・ワイズ)、脚本賞、撮影賞、美術賞、編集賞、衣装デザイン賞の9部門10ノミネートとなった。

 これに続くのが、ブラッドリー・クーパー監督作「アリー スター誕生」、アダム・マッケイ監督作「バイス」の8部門。アメコミ映画として初めて作品賞にノミネートされた「ブラックパンサー」は7部門、スパイク・リー監督作「ブラック・クランズマン」は作品賞、監督賞など6部門で追随している。アカデミー賞の前しょう戦ともいえる第76回ゴールデングローブ賞で最多3冠、第30回アメリカ製作者組合(PGA)賞でダリル・F・ザナック賞に輝いたピーター・ファレリー監督作「グリーンブック」、日本でも大ヒットしている「ボヘミアン・ラプソディ」は、ともに作品賞を含む5部門に選出された。

 なお、日本からはカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した是枝裕和監督「万引き家族」が外国語映画賞、細田守監督「未来のミライ」が長編アニメーション賞にノミネートされている。

 第91回アカデミー賞授賞式は2月24日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで行われる。

発表されたノミネート作品は、以下の通り。

▽作品賞
「ブラックパンサー」
「ブラック・クランズマン」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「ROMA ローマ」
「アリー スター誕生」
「バイス」

▽監督賞
アルフォンソ・キュアロン「ROMA ローマ」
スパイク・リー「ブラック・クランズマン」
アダム・マッケイ「バイス」
ヨルゴス・ランティモス「女王陛下のお気に入り」
パベウ・パブリコフスキ「COLD WAR あの歌、2つの心」

▽主演男優賞
クリスチャン・ベール「バイス」
ブラッドリー・クーパー「アリー スター誕生」
ウィレム・デフォー「永遠の門 ゴッホの見た未来」
ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」
ビゴ・モーテンセン「グリーンブック」

▽主演女優賞
ヤリッツァ・アパリシオ「ROMA ローマ」
グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」
オリビア・コールマン「女王陛下のお気に入り」
レディー・ガガ 「アリー スター誕生」
メリッサ・マッカーシー「Can You Ever Forgive Me?(原題)」

▽助演男優賞
マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
アダム・ドライバー「ブラック・クランズマン」
サム・エリオット「アリー スター誕生」
リチャード・E・グラント「Can You Ever Forgive Me?(原題)」
サム・ロックウェル「バイス」

▽助演女優賞
エイミー・アダムス「バイス」
マリーナ・デ・タビラ「ROMA ローマ」
レジーナ・キング「ビール・ストリートの恋人たち」
エマ・ストーン「女王陛下のお気に入り」
レイチェル・ワイズ「女王陛下のお気に入り」

▽脚本賞
デボラ・デイビス、トニー・マクナマラ「女王陛下のお気に入り」
ポール・シュレイダー「魂のゆくえ」
ニック・バレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー「グリーンブック」
アルフォンソ・キュアロン「ROMA ローマ」
アダム・マッケイ「バイス」

▽脚色賞
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン「バスターのバラード」
チャーリー・ワクテル、デビッド・ラビノウィッツ、ケビン・ウィルモット、スパイク・リー「ブラック・クランズマン」
ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ウィッティ「Can You Ever Forgive Me?(原題)」
バリー・ジェンキンス「ビール・ストリートの恋人たち」
エリック・ロス、ブラッドリー・クーパー、ウィル・フェッターズ「アリー スター誕生」

▽視覚効果賞
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
「プーと大人になった僕」
「ファースト・マン」
「レディ・プレイヤー1」
「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」

▽美術賞
「ブラックパンサー」
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「ROMA ローマ」

▽撮影賞
ウカシュ・ジャル「COLD WAR あの歌、2つの心」
ロビー・ライアン「女王陛下のお気に入り」
ケイレブ・デシャネル「Never Look Away(原題)」
アルフォンソ・キュアロン「ROMA ローマ」
マシュー・リバティーク「アリー スター誕生」

▽衣装デザイン賞
「バスターのバラード」
「ブラックパンサー」
「女王陛下のお気に入り」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
「メリー・ポピンズ リターンズ」

▽長編ドキュメンタリー賞
「Free Solo(原題)」
「Hale County This Morning, This Evening(原題)」
「Minding the Gap(原題)」
「Of Fathers and Sons(原題)」
「RBG(原題)」

▽短編ドキュメンタリー賞
「Black Sheep(原題)」
「End Game(原題)」
「Lifeboat(原題)」
「A Night at the Garden(原題)」
「Period. End of Sentence.(原題)」

▽編集賞
「ブラック・クランズマン」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「バイス」

▽外国語映画賞
「カペナウム(原題)」(レバノン)
「COLD WAR あの歌、2つの心」(ポーランド)
「Never Look Away」(ドイツ)
「ROMA ローマ」(メキシコ)
「万引き家族」(日本)

▽音響編集賞
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ファースト・マン」
「クワイエット・プレイス」
「ROMA ローマ」

▽録音賞
「ブラックパンサー」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ファースト・マン」
「ROMA ローマ」
「アリー スター誕生」

▽メイクアップ&ヘアスタイリング賞
「Border(原題)」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
「バイス」

▽作曲賞
ルドウィグ・ゴランソン「ブラックパンサー」
テレンス・ブランチャード「ブラック・クランズマン」
ニコラス・ブリテル「ビール・ストリートの恋人たち」
アレクサンドル・デスプラ「犬ヶ島」
マーク・シェイマン「メリー・ポピンズ リターンズ」

▽長編アニメーション賞
「インクレディブル・ファミリー」
「犬ヶ島」
「未来のミライ」
「シュガー・ラッシュ オンライン」
「スパイダーマン スパイダーバース」

▽短編アニメーション賞
「Animal Behaviour(原題)」
「Bao」
「Late Afternoon(原題)」
「One Small Step(原題)」
「Weekends(原題)」

▽主題歌賞
“All The Stars”「ブラックパンサー」
“I’ll Fight”「RBG(原題)」
“The Place Where Lost Things Go”「メリー・ポピンズ リターンズ」
“Shallow”「アリー スター誕生」
“When A Cowboy Trades His Spurs For Wings”「バスターのバラード」

▽短編実写映画賞
「Detainment(原題)」
「Fauve(原題)」
「Marguerite(原題)」
「Mother(原題)」
「Skin(原題)」

コメントは受け付けていません。