イタリア系用心棒&黒人ピアニストの固い絆 米GG賞3冠「グリーンブック」予告完成(映画.com)

出典元:まるっきり正反対の2人の旅路を描く

[映画.com ニュース] 第76回ゴールデングローブ賞作品賞、助演男優賞、脚本賞に輝いた「グリーンブック」の予告編が初披露された。1962年、人種差別が色濃い時代――ガサツなイタリア系用心棒、インテリな黒人天才ピアニストが前途多難な旅を通じて、深い絆で結ばれていくさまが映し出されている。

【動画】「グリーンブック」予告編

 本作は、アカデミー賞レースの前しょう戦として注目される、第43回トロント国際映画祭観客賞、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(作品賞)に加え、第30回全米製作者組合賞(PGA)作品賞を戴冠。同賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」「ムーンライト」「スポットライト 世紀のスクープ」などが獲得しており、過去29年の受賞作のうち21作品がアカデミー賞作品賞に輝いている。ファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督がメガホンをとり、粗野で無教養だが人間的魅力にあふれる用心棒トニー・リップをビゴ・モーテンセン、ピアニストのドクター・シャーリーをオスカー俳優マハーシャラ・アリが演じている。

 ナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップは、腕っぷしが強くハッタリが得意で、周囲から愛される存在だった。ある日、トニーは黒人の天才ピアニスト、ドクター・シャーリーの運転手として雇われる。黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、2人は危険が多いアメリカ南部でのコンサートツアーへと旅立つ。

 予告編は、シャーリーのピアノ演奏シーンからスタート。「観客は富裕層だ。振る舞いには十分気をつけてくれ」という苦言を呈するシャーリー、そんなことはお構いなしに特大ピザを斬新な方法でほお張り、ごみをポイ捨てするトニー。まるっきり正反対の2人だったが、やがてラブレターの指南をするほどの関係性に。だが、ある事件をきっかけに口論となり、トニーは「アンタは他の黒人とは違うからな!」と裕福な生活を送るシャーリーを非難してしまう。「黒人でもなく白人でもなく……どう生きるのが正解だ?」というシャーリーの痛切な言葉が当時の時代を反映している。

 「グリーンブック」は、3月1日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

コメントは受け付けていません。