変化の年だった2018年のアイドル業界 人気メンバーの卒業、中堅グループ解散相次ぐ(BuzzFeed Japan)

出典元:年内で卒業する乃木坂・西野七瀬(左)と来年4月での卒業を発表した指原莉乃

2018年は、のちに「アイドルブームの潮目」と呼ばれるであろう変化の年だった。人気アイドルのグループ卒業、中堅アイドルの解散が相次いだからだ。年末最後にアイドル界を驚かせたのが、12月15日、HKT48指原莉乃のグループから卒業発表だった。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【写真】本田翼、菜々緒、山本美月…芸能人のゲームコスプレはベホマ並みの癒やし!

指原は東京ドームシティホールでのコンサートでのMCで来年4月28日の横浜スタジアムのコンサートをもって卒業すると発表。「何年も前からずっと決めていた」と心境についても明かした。

卓越したトーク力を武器に、アイドル随一の知名度を誇る指原の卒業は、48グループだけでなく、平成の最後に向かい、アイドル業界の変化を感じさせる出来事だった。

卒業発表で指原は「本当にHKT48が大好きなので、次のHKTがみてみたいなと思います」と次世代へエールを送ったが、エースの宮脇咲良らグループのメンバー3人が日韓合同のユニット「IZ*ONE」の活動に2年半の間は専念。

今年のじゃんけん大会で優勝し、AKB48の多田京加とのユニットで12月19日にCDデビューした松田祐実が8日後の27日に突然活動を辞退とグループとしては正念場を迎えている。

48グループでは、NMB48のエースだった山本彩が11月4日に卒業。NGT48の北原里英も4月をもって卒業と、48グループ全盛期の人気メンバーが今年相次いで卒業した。

現在のAKB48のセンターは小栗有以。今月8日のAKB4813周年公演では、2代目総監督の横山由依が退任し、次期総監督に向井地美音が指名と、新陳代謝の時期を迎えている。

コメントは受け付けていません。