野球、プロレス、そして麻雀へ…“神対応”SKE48須田亜香里がまたもや新境地「負けず嫌いだけでここまで生きてきた」アイドル魂(AbemaTIMES)

出典元:バラエティ番組に引っ張りだこの須田亜香里

テレビ番組からファンと接する握手会まで、そのサービス精神の旺盛ぶりからアイドル界トップクラスの“神対応”で知られるSKE48のメンバー、須田亜香里が新境地を開拓する。名古屋出身らしく、プロ野球の中日ファンでレジェンド左腕・山本昌と対談したかと思えば、2017年にはドラマ「豆腐プロレス」でプロレスに出会い、2018年にはDDTプロレスで第1327代アイアンマンヘビーメタル級王者にもなった。そんな須田が今度飛び込んだのが、中年男性の趣味というイメージが根強い麻雀業界。「負けず嫌いだけで、ここまで生きてきたタイプなので。ドはまりしちゃうかもしれませんね!」と語る売れっ子アイドルは、実にバイタリティに溢れていた。

 昨年行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で自身最高の2位に入った須田は、今ではテレビ番組に引っ張りだこの状態だ。「去年の印象深かったお仕事ですか?『どっきり』が多かったですね。年末は毎週のように、どっきりに遭ってました(笑)一度、何も関係ないホテルに泊まった時に、部屋のドアに鍵はあるけど、ロックがなくて。以前に「ロックがない時は寝起きどっきり説」を聞いたことがあったので、見られてもいいお部屋にしてから寝たんですけど、結局何もなくて。朝起きて、なんだか『ごめんなさい!』って気分になってました(笑)」。ちょっとしたエピソードでも“神対応”と呼ばれるだけの、人の良さがにじみ出る。

コメントは受け付けていません。