SOS、EnjuにRAGE vol.4決勝の借り返す勝利/RAGE Shadowverse Pro League セカンドシーズン(AbemaTIMES)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:名古屋OJA ベビースターのSOS

対戦型カードゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ、「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE セカンドシーズン」の第8節が1月20日に開催され、6勝1敗で首位を独走するau デトネーション(以下デトネーション)と1勝6敗と最下位に沈む名古屋OJA ベビースター(以下名古屋OJA)が対戦。名古屋OJAのSOSが西の最強王者の異名を持つEnjuを下し、2-1で名古屋OJAが勝利。デトネーションの独走に待ったをかけた。第8節の構築戦ではアンリミテッドが採用された。

 第1試合は名古屋OJAのさに、第2試合はデトネーションのSpiciesが競り勝ち迎えた第3試合。デトネーションは「RAGE vol.4」優勝者にしてセカンドシーズン無敗継続中のEnjuが登場。対する名古屋OJAはその「RAGE vol.4」でEnjuと決勝を争い、惜敗して準優勝に終わったSOSが出場。因縁の対決となった。

 第1バトルではビショップを選択したSOSが「封じられし熾天使」を展開することに成功し、Enjuの動きを封じることに成功して先勝。続く第2バトル。エルフを選択したSOSは、ネクロマンサー相手に不利な後攻を引いてしまい派手なアクションでがっくり。しかし「導きの妖精姫・アリア」を引いてあっという間に生気を取り戻した。

 その後は互いの展開を潰し合う展開となるが、SOSの切り札、「OTKエルフ」が炸裂し、ノーダメージ状態だったEnjuの体力を一撃で吹き飛ばし、名古屋OJAの連敗を4で止める、貴重な勝利を挙げた。

 勝利したSOSは「ネクロマンサー相手に後手は非常に厳しい戦いだったので、ワンチャンスをもぎ取るつもりで戦いました。勝てて嬉しいです!」と笑顔で語った。

 また、第1バトルで勝利した2Pickの第一人者さにも「厳しい戦いでしたが覚悟を決めて戦っていました」と、連敗が続いていた関わらず、闘志はみじんも衰えていないところを見せた。

 次回第9節は1月27日に開催される。2位のレバンガ☆SAPPOROに勝ち数差1に詰められたデトネーションは横浜F・マリノスと、最下位脱出を目指す名古屋OJAはAXIZと対戦する。

 ◆RAGE Shadowverse PRO LEAGUE リーグ戦セカンドシーズンは10月から2月まで開催される。セカンドシーズン1位のチームには400万円。2位のチームには200万円。3位のチームに100万円が授与される。セカンドシーズン1位のチームは3月に開催されるリーグチャンピオンシップを戦う権利が与えられ、ファーストシーズン1位のレバンガ☆SAPPOROと年間チャンピオンの座を争う。

コメントは受け付けていません。