「お芝居の経験ができる乃木坂46の積み重ねが活かされています」ドラマ『ザンビ』出演メンバーの撮影裏話(AbemaTIMES)

出典元:(左から)伊藤理々杏、新内眞衣、大園桃子、梅澤美波、伊藤純奈、阪口珠美

23日から、乃木坂46のメンバーが出演する連続ドラマ『ザンビ』の放送が開始される。本作は昨年7月に行なわれた『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』でサプライズ発表された「ザンビプロジェクト」の第2弾にあたるもので、第1弾となる欅坂46、けやき坂46との3坂道合同の舞台も大きな話題を呼んだ。

 今後は第3弾として、ドラマ『ザンビ』出演メンバーによるスマートフォン向けアプリゲーム、そして第4弾として二度目の舞台も発表されている。

ドラマ『ザンビ』は、サスペンス要素の中にも、仲間の友情・絆を描くヒューマン学園ドラマとなっているが、他のザンビ作品同様、詳細は謎に包まれたまま。そこで今回、ドラマの撮影期間やその後の活動を通してさらに絆が深まったという二期生と三期生から、新内眞衣(美しい女役)、伊藤純奈(五十嵐麗奈役)、梅澤美波、(木内加奈役)、大園桃子(先川柚月役)、阪口珠美(小島弥生役)、伊藤理々杏(一条詩織役)の6人に、見どころや裏話を聞いた。

コメントは受け付けていません。