成田凌、門脇麦のマネージャーから「クズ」だと思われ苦笑い「絶妙な距離感の役が多すぎる」(AbemaTIMES)

出典元:成田凌

映画『チワワちゃん』の公開記念舞台挨拶が1月19日、新宿バルト9にて開催され、主演の門脇麦をはじめ、成田凌、寛 一 郎、吉田志織、仲万美、古川琴音、篠原悠伸、上遠野太洸、松本穂香、二宮健監督が登壇した。

 本作は、漫画家・岡崎京子が1994年に発表した「チワワちゃん」を実写映画化した作品。かつて一緒に遊んでいた友達“チワワちゃん”の死をきっかけに揺れる若者たちの姿を、エモーショナルに描く青春物語だ。

 この日の舞台挨拶では、主人公・ミキたちが3日間で600万円を使い果たすほどのパーティーをした、という劇中のエピソードにちなみ、「600万円の使い道」がトークテーマに挙がった。すると、成田は二宮監督と映画を撮る約束をしたことを告白。「僕が撮ろうかなって」と、成田自身が監督を務めることも明かした。

コメントは受け付けていません。