NGT48の再犯防止策「防犯ベル」は不十分 指原莉乃さん、加藤浩次さんらから疑問の声(BuzzFeed Japan)

出典元:山口真帆さんの事件についてTwitterで語った指原莉乃さん

昨年12月、男2人に自宅に押しかけられたNGT48の山口真帆さんの事件発覚後の運営側の対応が批判を呼んでいる。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

それまで体調不良を理由に公演を休んでいた山口さんは、1月8日夜のネット生配信、9日早朝のTwitterで12月に自宅の玄関で男2人に口をふさがれ、その後2人が不起訴処分となっていたと明かした。9日昼にはNHKが警察への取材を基に報道。事態が明るみに出た。

10日、NGT48劇場での公演に出演した山口さんは「この度はお騒がせして誠に申し訳ありません」とファンを前に深々と謝罪。被害者である山口真帆さんが謝罪をした点については、ネット上でも疑問の声が上がり、NGT48の元キャプテンである北原里英さんが「あなたは謝るべきではありません!謝らないで。悪いことしてないです」と語ったことはBuzzFeed Japanでも報じた。

NGT48の運営会社であるAKSは、10日の公演後にサイト上で声明を発表した。

声明では「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と、山口さんが訴えていたNGTメンバーの関与を認めた。

さらに今後については「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」と再犯防止に務めるとしたが、発表後、防犯ベルの効果には疑問の声が相次いだ。

一夜あけ、NGT48と同じ48グループに所属するメンバーやOGから、今回の事態について発言が増えた。

コメントは受け付けていません。