日本人初・賞金1億円獲得のプロゲーマーふぇぐ 1日10時間以上の練習も「終わりはない」溢れる探究心とゲーム愛(AbemaTIMES)

出典元:1億円プレイヤーの世界王者・ふぇぐ

「日本人初の賞金1億円プレイヤー」「世界王者」。日本でも昨年、流行語に入った「eスポーツ」のプレイヤーとして一躍有名になった「ふぇぐ/よしもとLibalent(以下ふぇぐ)」。ただ、本人は「ちょっとまだ実感がないんですよね。反応ですか?友達は増えました(笑)」と、手にした大金や、達成した偉業に対して拍子抜けするほど、自然体でいる。世界の頂点に立ってなお、1日10時間以上の練習を繰り返し、さらに「今日、何時間やったから終わりっていうのはなくて」と、努力を努力とも思わず、確固たるゲーム愛で鍛錬を続けている。今やプロゲーマーを目指す若者の憧れの的にもなったふぇぐとは、どんな人物か。

 ふぇぐが世界一になったのは、対戦型カードゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」の世界一決定戦「Shadowverse World Grand Prix 2018」。2018年大会から、優勝賞金が100万ドル(※大会当時のレートで約1億円)となり、その初代王者となったのが、ふぇぐだった。世界中の各地域で予選大会が行われ、選び抜かれた24名の強豪によって争われた本大会だが、改めて優勝が決まる瞬間のことを聞くと、サラリーマンの生涯平均年収の半分にもなる大金を目前にしても、頭の中にはなかったという。

 ふぇぐ 「頭には勝負のことしかなかったですね。終わってから木村唯人さん(株式会社Cygames常務取締役/Shadowverseプロデューサー)に、賞金のボードを渡された時『い、1億っ!?』みたいな感じでした(笑)」

 決勝も大詰め、ほぼ勝利を手中に収めた中で、相手のターンが終わるのを祈りながら待ち続けた。

 ふぇぐ 「相手に(逆転の)解決策がなさそうだったのは、前のターンから分かっていて。1枚、デッキから持ってきた時に、いいカードを『引くなよ!絶対引くなよ!』と祈ってましたね。あと、もし相手が勝利を確信していたとして、僕がその立場だったら、余韻に浸るのかなとか思って。だから『どっち!?』という思いで待っていました」

コメントは受け付けていません。