個人首位は渡さない!サラリーマン&Mリーガーの“Mリーマン”園田賢が気合の5連勤/麻雀・大和証券Mリーグ(AbemaTIMES)

出典元:個人トップを奪還した園田賢

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月15日の2回戦では、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)が自身9勝目、チーム21勝目を挙げた。

 対局者は起家から赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)で園田と近藤が連闘となった。

 この日の1回戦、園田は“魔法”と称される変幻自在の打ち回しで、解説の渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)からも「なんじゃこりゃ。マジカルにも程がありますね」と言わしめるアガリを見せるも4着。EX風林火山・滝沢和典(連盟)がトップだったため、12月13日から21戦キープしていた個人スコア首位の座を滝沢に明け渡していた。

 東場は近藤がリードする中、園田は南2局で3900点(+供託1000点)を加点し2着目で追走。しかし南3局で石橋に1万2000点を二度決められ、3着目に後退するも南3局3本場。発・赤・ドラで5200点(+900点)を加点し2着目に浮上した。

コメントは受け付けていません。