高木菜那、黒ドレス&クールなヘアスタイルで登場 “オン眉”のルーツ明かす(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

元スピードスケート選手の高木菜那(※高ははしごだか、30)が『THE BEAUTY WEEK AWARD 2022』の「THE BEST OF BEAUTY アスリート部門」を受賞し30日、都内で行われた授賞式に登壇した。

【全身ショット】美スタイル際立つロングドレスで登場した生見愛瑠

 この日のヘアスタイルのポイントについて問われた高木は「4月に引退してからバッサリ(髪の毛を)切ったのですが、黒いドレスにかっこいい感じがいいなと思ったので、今までは前髪を短くするのが好きだったのですが、(前髪を)上げるかっこいいヘアスタイルに挑戦しました」と説明。MCから「クールビューティーですね!」とほめられると恥ずかしそうにほほ笑んだ。

 また、海外遠征も多い高木は「海外の水は硬水も多いので髪の毛がキシキシしてしまう」こともあると明かし「シャンプーやトリートメントなどは自分に合ったものを持っていくようにしています。髪の毛がサラサラだとうれしいので」と笑顔を見せた。

 さらに、普段は美容師に任せることが多いという高木だがトレードマークの“オン眉”のきっかけは「7年前かな」と振り返り「当時、歌手の綾香さんを見て、かわいいなと思ってオン眉にしました」とルーツを明かした。今後のヘアスタイルについては、「まだ一度もベリーショートにしたことがないので、いつかはやってみたいです」と意気込んだ。

 「THE BEST OF BEAUTY文化・芸能部門」を授賞したモデルの生見愛瑠(20)も登壇。同賞を授賞した元スケート選手の菊池彩花(35)と菊池純礼(26)は映像での出演となった。

 同イベントは9月4日の「くしの日」を中心とした一週間を「BEAUTY WEEK」と位置づけ、美容業界への深い理解と繁栄を目指し、年齢・性別問わず常に才能を磨き続け見る人に光を与えられる著名人・芸能人を選出し、「THE BEST OF BEAUTY」として表彰している。今年で19回目となる。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。