「ミャクミャク様」二次創作ガイドラインを正式策定 非営利・個人利用なら画像や動画のSNS投稿OK(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は30日、『大阪・関西万博』の公式キャラクター「ミャクミャク」について、二次創作ガイドラインを発表した。「皆様に二次創作活動を楽しんでいただき、より一層、大阪・関西万博に関心を寄せていただきたいと考えています」と伝え、「二次創作活動および二次創作物を複製及び公衆送信することを、非営利かつ個人的な利用の場合に限り、非独占的に許諾いたします」とした。

【画像】「ああ…ミャクミャク様じゃ…ミャクミャク様がきた…」15万いいね!を超えた自作画ツイート

 許諾される使用例としては、「営利を目的とすることなく、個人的に楽しむために、公式キャラクターに似たデザインの作品(絵画、デジタル画像、ぬいぐるみ、衣装等)を作成すること」や、「作成した二次創作物の画像や動画を、営利を目的とすることなく個人のSNSや個人ブログに投稿すること」を挙げた。

 一方、許諾されない使用例としては、「営利を目的として、二次創作物がデザインされたTシャツやぬいぐるみその他のグッズを販売、配布、宣伝すること」「企業や事業の宣伝広告や販売促進等に二次創作物を使用すること」を示した。

 これらが許諾されるのは個人または法人格のない団体に対してのみで、企業や法人格のある団体は個別に問い合わせが必要とする。また、二次創作物の公開にあたっては、二次創作物であることの明記を求めるとともに、「第三者に再許諾することはできないものとします」とも伝えた。

 営利目的は認めないのをはじめ、協会や大阪・関西万博と特別の関係があると誤解されるものや、公式キャラクターや大阪・関西万博のイメージを損なうものは認めないなど、複数の禁止事項も定めた。

 また、「利用者が二次創作物の公衆送信を行った場合、協会は、当該二次創作物を無償かつ地域・期間・媒体の制限なく複製、公衆送信等して紹介すること(この場合、作品の同一性を損なわない範囲で修正することがあります。)ができるものとします」とした。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。