「イカゲーム」イ・ジョンジェ、「ただ悪より救いたまえ」スピンオフドラマに主演(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

Netflixのメガヒットドラマ「イカゲーム」で世界的にブレイクしたイ・ジョンジェが、2020年の主演映画「ただ悪より救いたまえ」のスピンオフドラマ「Ray(原題)」で主演と制作を務めることがわかった。米バラエティが報じている。

 「ただ悪より救いたまえ」は、元潜入捜査官で凄腕の暗殺者インナム(ファン・ジョンミン)と、彼に義兄弟を殺され復讐を誓った冷酷な殺し屋レイ(ジョンジェ)が、タイを舞台に地元の犯罪組織や警察を巻き込んだ壮大な戦いを繰り広げるさまを描いたノワールアクション。韓国では新型コロナウィルスによるパンデミックの最中に公開されたにもかかわらず、国内興行収入2890万ドルの好成績を収めた。

 そのスピンオフとなる新ドラマシリーズ「Ray(原題)」はタイトルが物語る通り、同作でジョンジェが演じた全身刺青の在日コリアンで、冷酷な殺し屋でありながらもセクシーな魅力漂うレイに焦点を当てる。謎多きキャラクターの生い立ちも含めた過去が明かされる模様だ。

 人気韓国ドラマ「D.P.  脱走兵追跡官」のキム・ボトンが脚本を執筆。「ただ悪より救いたまえ」のホン・ウォンチャン監督がシン・ウソクと共同で演出を、主演のジョンジェが自身の総合エンタテインメント会社アーティストカンパニーを通じてプロデュースを手がけ、23年初旬のクランクインを目指している。

 第75回カンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニング部門でプレミア上映され話題を呼んだ長編初監督作「Hunt(原題)」が韓国の興収ランキングで2週連続1位の座を獲得し、監督としても波に乗るジョンジェは、「イカゲーム」のシーズン2に主人公ソン・ギフン役で続投が決まっている。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。