エズラ・ミラーが『The Flash』のためにワーナー・ブラザース・ディスカバリーの幹部と話し合いを行ったとの報道(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

エズラ・ミラーはここ数週間、謝罪ツアーを行っており、最近の訪問先ではワーナー・ブラザース映画部門の責任者らと面会したとの報道があった。
The Hollywood Reporterによると、ミラーと代理人のスコット・メッガーはワーナー・ブラザースの映画部門会長のマイケル・デ・ルカとパム・アビディに面会し、『The Flash(原題)』にマイナスイメージを与えてしまったことを謝罪したという。ミラーは、自身をめぐる問題が相次ぐなかで公開の危機にあると噂されていた『The Flash』への意気込みをあらためて示したとのことだ。
ミラーは特にフラッシュがお気に入りのキャラクターであり、同作が公開中止になる可能性があるとの報道を受けて面会を求めたと言われている。ミラーは謝罪し、治療に取り組むことを伝えたという。

「The Flash(原題)」画像・動画ギャラリー

THRによれば、試写会の観客スコアがよかったことやミラーが態度をあらためたことから、最近のワーナー・ブラザース・ディスカバリーにおける『The Flash』を取り巻く空気は改善しているとのことだ。
だが、たとえワーナー・ブラザース・ディスカバリーが『The Flash』を公開するとしても、ミラーの問題はまだ解決していない。バーモント州で窃盗罪に問われているなど、複数の州で法的な問題に直面しているほか、10代少女へのグルーミングについても疑惑が浮上している。また、ミラーは突然Instagramアカウントを削除し所在がわからなくなっていたが、最近になって姿を現した。
姿を現したミラーは、最近の自分の行動について謝罪し、「複雑なメンタルヘルスの問題」に苦しんでいると述べていた。
「最近、極めて不安定な状態を経験したことから、自分が複雑なメンタルヘルスの問題を抱えていることに気づき、継続的な治療を開始しました」とミラーは先日語っている。「これまでの行動で迷惑をかけた方々に謝罪をしたいと思っています。健康で安全、かつ生産的な生活に戻るため、やるべきことに全力で取り組んでいきます」
一方、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは映画の公開を全面的に中止することを含め、複数の策を用意していると言われている。同スタジオは『Batgirl(原題)』の公開を中止したことで非難されるなど、『The Flash』のほかにも多くの困難に直面している。
ミラーについては、9月27日にバーモント州の裁判所に出頭し窃盗の罪に問われることになっている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。