松本まりか、ネグレクトの母親を演じ気づき「親だけを責めることはできない」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の松本まりかが11日、都内で行われた映画『ぜんぶ、ボクのせい』初日舞台あいさつに登壇した。絶望の果てに希望を見出そうとする少年・優太(白鳥晴都)の母親役を務め、息子を拒絶する“闇”を熱演した松本が、演じてみて気づいた複雑な感情について私見を語った。

【集合ショット】手を振ってにっこり!松本まりか&オダギリジョーらが舞台あいさつに登壇

 松本は「ネグレクトをする母親の感情を演じることが難しかった」と撮影を振り返るが、息子を拒絶するシーンで母親の複雑な感情に少し気づいたという。「ネグレクトの母親って報道されるときに、非難の対象になるじゃないですか。じゃあなんでそんな親が増え続けてしまうのかっていうのは、母親の感情に寄り添うっていうことをあまりしない社会なのかなと」と疑問を投げかける。

 また「すごい共感しづらいし、できないのは分かる」としたうえで、「私があの時に感じた感情は、母親だけを責めるっていうことはできないっていうか。責めないといけないんだけど、どうしてその母親が生まれてしまったのかということを社会や環境を考えることが大事なんだと言うことを実感した」と演じて気づいた思いを明かした。

 最後に松本は「本作は社会への問題提起もあるような気がして、そういうところまで感じてくれる方がいらっしゃればうれしいなと思う」と呼びかけた。

 この日は松本のほか、白鳥、川島鈴遥、オダギリジョー、松本優作監督も登場した。

 本作は、自主制作映画『NOISEノイズ』で注目を集めた松本優作監督の最新作。日本の社会のリアルを見つめながら、孤独を抱えた3人の絆、そして、一人の少年の成長を鮮烈に描き切る。

 児童養護施設で母親の迎えを待ちながら暮らす優太(白鳥)が、母親に会いたい一心で施設を抜け出した。そこにいたのは同居する男に依存し自堕落な生活を送っている母(松本)だった。絶望した優太は、当てもなく海辺を歩いていると、軽トラで暮らすホームレス・坂本に出会う。何も聞かず自分を受け入れてくれる坂本。二人はわずかな金銭を稼ぎながら寝食をともにするようになる。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。