武田鉄矢、二宮和也に「ただもんじゃねーな」 『タング』に込められた教えも授業しキャスト一同“礼”(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気グループ嵐の二宮和也、俳優の武田鉄矢が11日、都内で行われた映画『TANG タング』公開初日舞台あいさつに登場した。

【集合ショット】全員で笑顔でポーズ!初日舞台あいさつに登壇した二宮和也&満島ひかりら

 同作は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を実写化。ゲーム三昧で妻に家を追い出された、ダメ男・健(二宮)と記憶をなくした迷子のロボット・タングによる大冒険を描く。

 武田は作品について「本作は“人間とロボットをもう一度考えてみよう”という深いテーマがある」と話し、「記憶を失ったロボットとポンコツ男の物語と言うキャッチコピーもあるんですが、いままでのファンタジーは記憶を失った青年とポンコツロボットの物語なんです」と語る。

 続けて「ロボットと人間の図式を変えて“人間らしさとはなにか”ということをロボットに語らせるという構成になっている。ロボットから人間性を教わるという、そういう時代に私たちは生きているんだよということを教えてくれる」と語ると、二宮は「起立、気をつけ、礼!」と掛け声し、武田の“授業”に敬意を示した。

 二宮の演技については「たいしたもんですよね」と一言。武田は「何人も同じ事務所の若手をいっぱい見てきましたけど、彼は残念なことに生徒ではなかったですが…」とドラマシリーズ『3年B組金八先生』を引き合いに出し、笑いを誘った。

 そして「才能があるな」と思っていたことを明かし「楽に演技しているでしょ。動きもしないロボットを相手に演技するわけですから、力むんですよ普通。それを気負わずにさらっとできると言うのはよほど内側に俳優としての高い境地を持っていなければできません。私はいつも『さすが二宮、クリント・イーストウッド(二宮が主演した映画『硫黄島からの手紙』監督)からOKをもらった俳優はただもんじゃねーな』と思っていた」と絶賛すると、二宮はニヤニヤが抑えられず笑みがこぼれ、大喜びしていた。

 この日は二宮、武田のほか、満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、山内健司、濱家隆一、景井ひな、三木孝浩監督らキャスト・監督が勢ぞろいした。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。