『うる星やつら』雪女・おユキ役は早見沙織 普段は物静かで上品…怒らせるとヤバイキャラ(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

36年ぶりとなる完全新作テレビアニメ『うる星やつら』第1期(10月よりフジテレビのノイタミナにて2クール連続放送)の追加キャスト情報&ビジュアルが公開された。ラムの幼馴染で海王星の女王でもある雪女・おユキを早見沙織が演じる。

【画像】美人すぎる雪女!早見沙織が演じる追加キャラのおユキ設定画

 早見演じるおユキは、ラムの幼馴染で海王星の女王でもある雪女。普段は物静かで上品な印象だが怒らせるとかなりヤバイ。大福帳を持ち歩き、友達だろうが商売が絡むと容赦しないというキャラクター。

 早見は、『うる星やつら』について「子どものころから気づけばその名前を知っていて、ラムちゃんやあたるさんのことも何故か知っていて…と、出会いのタイミングがわからないくらい昔から自分の中に存在していた作品です」とコメント。

 また、おユキについて「ひんやりと麗しく、出立ちのすてきな方だなと思います。すんっとしているのに時におっかないところも、面白いです」と、「会話の中でみせるおユキさんの細やかな表情を拾いつつ、楽しんで収録できればと思っています」と意気込んでいる。

 選び抜かれた原作エピソードを全4クールにわたって放送する今作は、主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守、チェリー役を高木渉、サクラ役を沢城みゆき、ラン役を花澤香菜、レイ役を小西克幸が務めることが決まっている。

 『うる星やつら』は、『週刊少年サンデー』で1978年~1987年にて連載された漫画が原作で、地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムのラブコメディー。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切ない…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩る作品となっている。ゲーム化、劇場アニメ化などもされており、テレビアニメが1981年~1986年に放送された。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。