吉永小百合、『あゝひめゆりの塔』で疑似体験した戦争の恐ろしさ 平和の願いも語る(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の吉永小百合(77)が10日、千葉・流山市にあるスターツおおたかの森ホールで行われた、「第11回戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭」にゲスト出演。1968年に公開された映画『あゝひめゆりの塔』舛田利雄監督)上映後のトークショーで、撮影時の思い出や平和への思いを語った。

【写真】ブルーのシックなワンピースで登場した吉永小百合

 同映画の上映後、鑑賞者の前で吉永が語るのは、意外にも今回が初めてで、聞き手を務めた共同通信社の立花珠樹さんは「ある意味歴史的な瞬間」と話した。

 吉永が23歳の時に主演した『あゝひめゆりの塔』は、太平洋戦争末期の沖縄で、特志看護婦として動員された“ひめゆり部隊”の乙女たちの悲劇を涙と感動で綴った一大青春譜。冒頭とラストには、公開当時の若者風俗を織り込み、そこから戦時中を回想していく構成になっている。

 『あゝひめゆりの塔』については、「たいへん厳しい状況の中で撮影しました。演技をしながらパニックになってしまうことが何度もありました」と、振り返った吉永。「中村翫右衛門さんや乙羽信子さんら大先輩たちは抑えた中で悲しみを出していらっしゃったけれど、私たち若い者はそれができずにただただ泣いてしまって、興奮してしまって。こういう演技の仕方でよかったんだろうか、とたいへん悩みました」と明かし、その後もずっと気になっていたという。

 しかし、沖縄復帰50年の節目であり、ロシアによるウクライナ侵攻が続いている今こそ、「沖縄のこと、犠牲になった方たちのことを考えていただけたら」と、吉永から映画祭の主催者に『あゝひめゆりの塔』の上映を提案した。

 撮影当時、沖縄は米軍統治下にあり、行くにはパスポートが必要で、“ひめゆりの悲劇”を題材にした映画のロケができるはずもなく、静岡県御殿場市、下田市、三島市を移動しながら撮影。クライマックスの自決シーンは、伊豆半島の石廊崎で撮影した。

 実はその撮影時、吉永は「自分がわからなくなる」くらいパニックに陥り、手榴弾のピンを抜いた後、火薬を爆発させるためのスイッチの操作を誤り、頬に大やけどを負ってしまったという。それでも、患部を絆創膏で覆って、ドーランを塗りたくり、傷を隠して撮影を続行。「モノクロ映画なので、観てもわからないと思いますが、戦争の恐ろしさを俳優として感じたシーンでした」と話して観客を驚かせた。

 頬のやけどは治るまでに2ヶ月かかったが幸いにも傷跡は残らず、「若かったから、あの頃は」と笑い話にできたが、一歩間違えれば、現在まで続く吉永の俳優としての道は『あゝひめゆりの塔』で絶たれていたかもしれない。

 35年以上にわたって反核の詩「原爆詩」の朗読会で全国を回り、ラジオ番組『今晩は 吉永小百合です』(TBSラジオ)でも8月には必ず戦争体験者をゲストに招くなど、戦争、核兵器の恐ろしさ、悲惨さ、平和の大切さを伝えている吉永。地上戦を疑似体験した『あゝひめゆりの塔』をはじめ、広島が舞台の『愛と死の記録』(1966年)、『戦争と人間(第二部・完結篇)』(71年・73年)など、映画から学ぶことも多いと言う一方で、「私は東京大空襲の3日後(1945年3月13日)に生まれているんです」「できたら語り継いでいきたいという思いが自分の中にあるんです」と、話した。

 ウクライナに侵攻するロシアが、ことあるごとに“核”の脅威をちらつかせていることにも胸を痛め、「唯一の被爆国の一人として“核兵器をなくそう”と声を出して言わないといけないと思う」と訴えた。

 さらに、「私に何ができるか、小さなことしかできないけれど、(ライフワークの原爆詩の)朗読くらいしかないけれど、あきらめないことがとても大事だと思う。沖縄のことも、みんなでサポートして少しでも負担がなくなるように。皆さんの心の中で、どうしたらいいんだろうと考えてほしい」と呼びかけていた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。