ゲーマーはなぜNFTが嫌いなのか?(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

「自分が実際に触れたことはないけど、やたら目にする流行語」の代表格であるNFTはゲーマーの身の近くに迫っている。ゲーム会社が新たなビジネスとしてゲームに関連したアセットやアイコンをNFTアートとして販売するだけでなく、大手ゲーム会社がNFTゲームの研究を進めたりベンチャー企業がNFTゲームの開発・運営を始めたりしていることは連日のように報道されている。
地域によってNFTゲームへの反応はさまざまだ。日本ではまだNFTゲーム自体がそこまで注目されていないため、日本のゲーマーはNFTゲームに対して肯定も否定もしようがないといったところだが、欧米圏のゲーマーとゲーム開発者は明確にNFTを敵視して排斥しようとしている。いったいなぜこんなことが起きているのか、そもそもNFTゲームとはなんなのだろうか?
NFTとはなにか?
非代替性トークンことNon-Fungible Token、通称NFTはブロックチェーン(全世界の人々でデータベースを共有・分散した上でデータを数珠つなぎにすることで不正を防ぐ相互監視技術)を用いてデータベースにデータを紐づける仕組みのことだ。NFTは任意のアイテム、例えば画像とか音声とかプログラムといったものに紐づくトークン(よく”買い物の会計後にレジで発行されるレシート”と例えられる)を発行し、トークンの所持者はトークンの所有権を主張したり所有権を他人と売買したりすることができる。
注意すべきはNFTで取引されるものがデータではなく「トークン」の所有権ということだ。トークンそのものはデータではないので、トークンを購入してもデータが自分だけのものになるコピーガード機能はないし、トークンの購入後にデータが書き換えられることもある。トークンを合法に売買してもデータが合法だとも限らない(競売にかけられたNFTアートが海賊版データということはしばしば発生する)。現状どこの国であってもトークンを所持することがデータの所有権を有することを法的に保障してはくれないため、トークンを売買することはトークンを売買すること以上の意味がないことには注意したい。

「ゲーム」画像・動画ギャラリー

NFT導入の意義としては、アナログではあらゆる物体の数に限りがあるので放っておいても希少価値(金銭的価値は必ずしも連動しない)が発生するものの、デジタルデータはいくらでも複製が可能なので希少価値や真贋という概念が存在しない。こういったコンピュータの特性はユーザーに「成果物は全員で共有してお互いに改善しあう」というオープンソースの理念を普及させたものの、他人の利益を侵害して共有を行う海賊行為をも助長する結果となった。結果としてインターネットはフリーミアム(基本無料)が標準的なビジネスモデルとなったわけだが、そこを切り崩そうとするのがNFTなどのブロックチェーンビジネスである。しかし、企業がブロックチェーンやNFTを掲げた行動が本当にシステムを変えるのか疑わしいことが多く、テクノロジーに目ざといゲーマーからはなおさらNFTとブロックチェーンを掲げるゲーム会社に対して不信の目が向けられている。
こういった光景が2010年前後に起きたモバイルゲーム産業の隆盛とガチャ問題を想起する声も少なくない。だが、NFTゲームにまつわる現象を「守銭奴の保守的なゲーマーがゲーム会社によるアコギな新技術の導入に反発している」という単純な見方で片付けるわけにはいかない。
ゲーム業界およびゲーマーとNFTの衝突
実際2022年6月時点でNFTゲームがプレイできるプラットフォームはPC/iOS/Android/Webブラウザであり、いわゆる家庭用ゲーム機(Nintendo Switch、PlayStation、Xbox)の文脈は含まれない。iOS/AndroidにおいてNFTゲームに対する取り扱いは明確には定まっていないものの、PCでは文脈に応じてNFTを排斥する派閥と推奨する派閥にくっきりと分かれている。
プラットフォームによるNFTの排斥

もっとも影響力が強いPCゲームプラットフォームであるSteamは2021年10月からNFTおよびブロックチェーン技術を導入したゲームを全面的に禁止する方針を打ち出した 。 Steamを運営するVALVEの代表者ことゲイブ・ニューエル氏は「(1)暗号通貨による取引の半分で不正が行われていた」、「(2)暗号通貨は価格が安定しないため開発者に正しく利益を渡せなかった」と

コメントは受け付けていません。